4p(マーケティングミックス)

4P分析(マーケティング)とは? マーケティングの必須知識をわかりやすく解説!

大学・会社などで、経営学やマーケティングを勉強・実践したことがある人なら4P分析という言葉をご存知かと思います。

4P分析とは、名前通り4つのP、すなわち「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(プロモーション)」からターゲット市場を分析することで、自社の商品やサービスの課題や強みを明らかにし、今後自社が取るべき具体的なマーケティング戦略を導き出すフレームワークのことです。

別名「マーケティングミックス」とも呼ばれ、商品やサービスのブランディングやポジショニングを検討する場面においてよく活用されます。

この記事では、4P分析の各要素の意味とポイントをわかりやすく解説していきたいと思います。

(※記事中では「自社」と記載していますが、個人でビジネスをされている方は「自分」と置き換えて読んでみてくださいね)

4つのPの意味とポイント

Product分析

product

Product(プロダクト)とは、製品のこと。

ターゲット市場のお客様にとって、価値のある商品・サービスを企画したり、開発したりするために行う分析です。Product分析では、自社が売りたいものを念頭に置くのではなく、あくまで消費者目線で分析を行なっていきます。

具体的には、「自社の商品は、どんなお客様のどんなニーズを満たすものなのか」「自社の商品をお客様にどのように利用してもらいたいのか」「自社の商品の良さを伝える評価・口コミがあるとしたら、それはどんな内容のものなのか」など、お客様とその周りの人たちに与える価値や影響に注目し、考えていきます。

  • お客様は商品やサービスに何を求めているか?(商品性・価格帯・感情)
  • 売れている同業他社の商品やサービスにはどんな特徴があるのか?
  • それらを踏まえ、自社は商品やサービスをどんなものにしていくのか?
  • 商品やサービスの企画や開発、仕入れは具体的にどのように行なっていくのか?

Price分析

price

Price(プライス)とは、価格のこと。

Price分析は、商品やサービスの価格設定に関する分析です。価格設定は商品やサービスがどれだけ売れるかにも深く関わってくるので、とても重要な分析になります。

もともと、商品やサービスの適正価格というものはありません。あなたが作った商品やサービスが新しいものなら尚更です。

類似商品・サービスの相場を参考に価格を考えましょう。ここで重要なことは、お客様が無理なく購入でき、内容と価格を見比べた時に納得できるようにすることです。いくら利益をあげたいからといって、内容の薄い商品やサービスに高い価格をつけてはいけません。そのような矛盾した商品を売り続ければ、いつか必ずツケが回ってきます。

  • 商品・サービスの価格と内容(価値)の妥当性はあるか?
  • ターゲット市場の相場に対し、適正な価格設定ができているか?
  • 同業他社と比べて価格に魅力があるか?
  • コストに対して採算のとれる価格設定がされているか?

Place分析

place

Place(プレイス)とは、場所のこと。ただし4PにおけるPlaceの場合は、特に流通場所を意味します。

Place分析は、商品やサービスの流通戦略に関する分析です。お客様に、自社の商品やサービス円滑に届けるための販売場所や流通経路などを調査・分析していきます。

Place分析では、ターゲットとするお客様の属性にマッチした場所や販売方法を選定することが重要になります。

  • 自社の商品やサービスはどこで販売されるのか?
  • 自社の商品やサービスは誰によって販売されるのか?(自社で売るのか、誰かに売らせるのか)
  • 同業他社はどういう販売戦略をとっているのか?
  • 同業他社の販売戦略と差別化できているか?

Promotion分析

promotion

Promotion(プロモーション)とは、販売促進またはそのための活動のこと。

どれだけ良質な商品やサービスを作れても、人々に認知されなければそれはないものと同じ。Promotion分析では、自社の商品やサービスをどのように人々に認知させるかを調査・分析していきます。

プロモーションの代名詞といえば、ラジオ、テレビ、雑誌、インターネットなど。

インターネットが普及した今日においては、この分野は細分化が進み、SNS、ブログ、サイト、DM(ダイレクトメール)、メールマガジンといった様々な方法があります。

Promotion分析は、自社の商品やサービスの特性に合った方法に絞るよりも、知名度を高めるためなるべく数多くの方法を検討した方が良いでしょう。もちろん、目的に合わせ媒体・メディアを使い分け、より高い効果が見込めるプロモーション戦略を目指していくことも大切です。

  • 自社の商品やサービスをお客様にどうやって認知してもらうか?
  • どの媒体やメディアを利用するのか?
  • ターゲット市場で高いパフォーマンスが期待できる宣伝方法にはどのようなものがあるか?
  • 同業他社はどのようなプロモーション戦略をとっているか?

4P分析を行うタイミングとやり方

4P分析は自社の商品やサービスに対する具体的施策を考えていく上でとても効果的な手法ですが、4P分析がマーケティングの全てというわけではありません。

4P分析を行うためには、ターゲット市場における自社の商品やサービスのポジション(立ち位置)を明確にする必要があります。まずはSTP分析を行い、市場に置ける自社の商品やサービスのポジショニングを行いましょう。それができたら、以下の手順で4P分析を行なっていきます。

STEP1. 4つのPを全て書き出す

4P分析を行う上でまず初めに行うことは、4Pを書き出すことです。紙でもなんでも良いので、まずは書き出してみましょう。このSTEPで注意すべきことは、以下の3点です。

  • 売り手の目線ではなく、消費者の目線で物事を考えること
  • 自社と同業他社、両方の立場から考えること
  • ターゲット市場の性質をきちんと考えること

STEP2. 矛盾や間違いを修正する

書き出しが完了したら、次にするべきことは矛盾や間違いの修正です。根本的な間違いや矛盾は修正していきましょう。このSTEPで修正する矛盾や間違いとは、以下のようなものです。

  • 自社の経営理念・市場のニーズ・商品やサービスのコンセプトに一貫性があるか?
  • 販売する場所は適切か?
  • ターゲット市場と広告媒体は合っているか?

※例えば、Product(製品)に「高級感」「富裕層向け」と書いたのに、雑多な内容を取り扱うブログなどで宣伝・販売しても売れ行きには期待できません。このSTEPではこのような矛盾や間違いを解消していくことになります。

4Pの各項目間の矛盾は、あなたのマーケティングの施策の弱点となる場合が多いです。このSTEPを怠ると、商品やサービスが売れないどころか、後に大幅な改正を強いられて周りの人に迷惑をかけてしまう可能性があります。このようなことを避けるためにも、可能な限りこのSTEPで問題のタネを摘み取っておきましょう。

STEP3. 組み合わせて新しい戦略を見つける

4P分析はマーケティングミックスともいいますが、その名の通り、4P分析の各要素をミックスすると、どのようなマーケティング戦略を取ればいいかが見えてくる場合があります。以下の例をみてみましょう。

  • Promotion(販売促進):Facebook広告を売って商品やサービスを宣伝する
  • Product(製品):口コミされるような良質な製品を作る

このマーケティングミックスの例は、最初は広告宣伝費が必要になります。しかし、広告を売ったことにより商品やサービスの流通が広まり認知度が高くなると、自然と売れるようになる可能性があります。

この時、製品の質もきちんと良いものにすることができていれば、口コミが広告の代わりになってくれるかもしれません。そうすれば、当初より広告宣伝費を多少抑えても製品を販売し続けることができるようになるでしょう。

もちろん、口コミされるような製品を作るためには「Product(製品)」と「Price(価格)」のマーケティングミックスについて考えることも忘れてはいけません。

マーケティングミックスのポイント!

4つのPをそれぞれ組み合わせると、全部で12通りの組み合わせができます。マーケティングミックスでは、上手く同業他社の強みをかき消せるような組み合わせを考えることが大切になります。

なぜなら、そのような組み合わせをたくさん見つけることができれば、自然と同業他社に差をつけられる商品やサービス(売れる商品・サービス)を作り出すことができるからです。

STEP4. 定期的に行う

同じ商品やサービスがずっと売れ続けるということはありません。市場は世の中の様々な事情を取り込み、常に動いています。同業他社だって常に商品やサービスの改善を繰り返し、または新しいものを開発しています。

商品やサービスを取り巻く環境が流動的である以上、4P分析は定期的に行う必要があります。4P分析を定期的に行えば、自社の商品やサービスが現在の市場のニーズにきちんと適応できているかが確認することができます。施策を打つ必要性や、その方向性などが見えてくるでしょう。

商品・サービスと自社の関係を考えることも大切

上でも書きましたが、4P分析がマーケティングの全てではありません。4P分析はあくまで自社ブランディングやポジショニングを検討するために使われるものです。自社のブランディングやポジショニングを行うためのものではないということを念頭に置いておきましょう。

4P分析でどれだけ素晴らしい商品やサービスを作ることができても、これまで築いてきた自社のイメージや、自社もしくは対象となる商品・サービスと自社のイメージがきちんとマッチしていなければ意味がありません。

商品・サービスと自社のイメージがきちんとマッチしているかを検討するには、以下ような問いかけをしてみるといいでしょう。

  • 対象となる商品やサービスは、自社がこれまで築いてきた強みを十分に活かせるものか?
  • お客様が自社や自社の提供する商品・サービスに対して抱くイメージと、対象となる商品・サービスそのもののイメージはマッチしているか?

対象となる商品・サービスが自社にとって初めてのものである場合は、今後、自社がターゲット市場に置いてどのようなポジショニングをしていきたいかも一緒に考えながら4P分析を行ってみましょう。

まとめ

今回は4P分析 (マーケティングミックス)についてまとめてきました。

いかがだったでしょうか。あなたのマーケティングに活かすことができそうですか?

今回の記事の重要なポイントをまとめてみたいと思います。

  • 4P分析を行う目的は、自社の商品やサービスの課題や強みを発見し、最適化するための具体的施策を考えること
  • 4P分析の4Pとは、「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通場所)」「Promotion(販売促進活動)」のこと
  • 4P分析を効果的に行うためには「1. 書き出し」「2. 矛盾や間違いの修正」「3. 組み合わせで戦略を見つける」「4. 定期的に行う」の4つのSTEPを踏む必要がある
  • 商品・サービスと自社の関係を考えることも大切

4P分析はマーケティング戦略のフレームワークとして広く知られていますが、実際にマーケティングに活かせている方は意外と少ないです。

その理由としては、4P分析の概念を理解できていない方が多いことと、せっかくマーケティングミックスで導き出してもそれをきちんと実践しない方が多いことが挙げられます。

4P分析で具体的なマーケティング戦略を導き出しても、それを実行しなければ意味がありません。フレームワークを終えたところで満足してはいけません。

フレームワークはあくまでも一過程に過ぎないのです。そこで導き出された戦略を着実に実行し、その結果を受け止めて改善していくことが大切なのです。