coaching

【ビジネス大百科】コーチングとは?

コーチング(coaching)とは、主にコミュニケーションによって相手の目標や潜在的な能力を明らかにし、自己実現目標達成を図るための思考や行動をサポートする対話のテクニックのことです。そのテクニックを用いた会話そのものをコーチングと呼ぶ場合もあり、コーチングをお仕事にする人たちはコーチと呼ばれます。

大きな目標を達成するためには、小目標を継続的に達成し、自発的に成長していける状態を作ることが大切です。コーチングでは、相手の話をよく聞き(傾聴し)、感じたことを伝えて質問を行うことで、相手が自発的に新しい選択肢や考えに気づけるような環境を作っていきます。

自発性の妨げとなる「こっちよりこっちの方がいい」などといった価値観の押し付けや、「これこれこうしてください」などといった具体的すぎる指示は原則行いません。教える、というよりは「気づく・見つける」のお手伝いをしていきます。

コーチングをお仕事にするには?

コーチングをお仕事にするためには、まずあなたがクライアントとなってコーチングを受ける必要があります。回数や費用などはコーチングスクールによって異なるので、興味があるスクールがある場合は事前にチェックしておきましょう。

Sugarでは以下のような記事も用意しています。

コーチングは「コミュニケーション」という無形物を取り扱うお仕事であるため、どのような手順で行い、どう展開させていくのか、その具体的なやり方はコーチングスクールによって大きく異なります。

資格を取るためにかかる費用もスクールによって様々。一般的な感覚からすれば高額なものが多いですが、学ぶ際に多くのお金を払うということは、その技術をきちんと身につけて仕事にすれば大きく稼げるということでもあります。

「講座を開いた回数=収入」なので不労所得感は皆無ですが、基本的に単発のお仕事になるため時間的融通はわりと利きやすいです。他のビジネスをやりながら副業として行うこともできますね。

最近では、比較的安く短い時間で資格を身につけられるトラストコーチングスクールなども人気ですね。興味がある方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

コーチングをお仕事にするために必要なもの・スキル

顔出し

対面で行うお仕事であるため、顔出しは必須です。顔を出したくない、匿名でやりたい、という人には向きません。

コミュニケーション力

コーチングは対話が主になるので、コミュニケーション力が求められます。普通に会話ができるレベルであれば十分お仕事ができると思いますが、「相手の目を見て話すのが苦手」「会話がよく途切れてしまう」などという場合にはちょっと厳しくなります。

もちろん、クライアントとしてコーチングを「受ける」のであれば特にコミュニケーション力は必要ありません。資格を取ることだけがコーチングではないため、「コミュニケーション力を高めたい」という目的のためにコーチングを受けるのもアリです。

集客力

コーチングをお仕事にしていくためには、コーチングを受けたいというクライアントさんを集めなければいけません。

自分が所属するコーチングスクールの公式サイトなどからクライアントさんが流れてくる場合もありますが、それでは不十分。SNS、ブログ、webサイトなど、様々な媒体を使って集客をするスキルが求められます。

コーチングが合う人合わない人

合う人

  • 人と接する仕事がしたい人
  • 人のためになる仕事がしたい人
  • 達成感を感じられる仕事がしたい人
  • 顔を出すことに抵抗がない人
  • 収入の柱が欲しい人

合わない人

  • 人と話すのがニガテな人
  • 顔出しNGな人
  • 労働収入が嫌いな人