bitcoin-woman

仮想通貨取引を始めるにはどうすればいいの?初心者さん向けに取引所の開き方を解説してみました!

この記事で分かること

  • 仮想通貨取引のはじめかた
  • 仮想通貨取引所とは何か
  • 仮想通貨取引所選びで失敗しない方法
  • おすすめの仮想通貨取引所

こんにちは! Sugar編集部のアヤカです♪

今回は、「仮想通貨取引をはじめたいけど、何からすればいいのか分からない!」という仮想通貨初心者さんに向けて、仮想通貨取引をはじめるために必要なことを徹底的に説明してみます。

仮想通貨の購入って、難しそうに思えますが実はすごく簡単なんですよ!

仮想通貨取引をはじめるには何をすればいいの??

仮想通貨取引をするためには、まず仮想通貨取引所に自分の口座を開いて、日本円を入金する必要があります!

仮想通貨取引所ってなに??

仮想通貨取引をしたい人たちの仲介業者のことです! 仮想通貨の売買はもちろん、他の取引所やウォレット(仮想通貨を入れる財布がわりのアプリ)への入金・送金サービスも提供しています。

取引所によっては、条件を満たせば仮想通貨が無料でもらえるポイントサービスのようなものや、電気代の決済サービスを提供しているところもあります!

日本円の入金さえ済んでしまえば準備万端、すぐにでも仮想通貨の取引をはじめることができます♪

仮想通貨通貨取引所の口座を開くために必要なものは?

仮想通貨取引所の口座を開くためには、最低限、以下のものが必要になります。

  • 銀行口座
  • 電話番号
  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許書やパスポート)

一つでも持っていないものがあれば、先に用意してから仮想通貨取引所の口座開設に取り掛かりましょう!

仮想通貨取引所の口座を開設するにはどうすればいい?

口座を開設するためには、大きく分けて、以下3つのステップを踏む必要があります!

  1. 取引所トップページにアクセスする
  2. 銀行口座情報や個人情報を入力し、身分証明書の写真を取引所に提出する
  3. 審査が通れば自宅にハガキが届き、仮想通貨取引が可能に!

大抵の場合、ハガキは審査開始から最短翌日に届きます。つまり、仮想通貨取引をはじめるには、最低でも一日待つ必要があるというわけです。

身分証明書の提出は、人によっては抵抗があると思いますが、審査のためには必要なこと! もちろん、個人情報はきちんと管理されているので心配は不要です。ちゃんとしたものを提出しましょう。

ちなみにですが、私はいち早く仮想通貨取引を始めたかったので、思いっきりノーメイク顔が写った免許証を提出しました(笑)。

仮想通貨取引所の開設はハードルが低い

今まで投資をしたことがないという方の中には、ここまでの段階で「取引所の口座開くのって大変だな」「なんだか面倒だな」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、仮想通貨取引所の口座の開設は、証券口座の開設と比べるとだいぶハードルが低いです! 仮想通貨取引所の開設ができない人は、どんな投資もすることができない、と言っても過言ではないかもしれません。

というのも、FXや株式の取引をするために開く証券口座の審査は、個人情報だけでなく、投資の経験や資金量なども条件に入ってきます。また、今では証券口座を開くためにはマイナンバーも必要になります。

一方、仮想通貨取引所の口座開設は身分証明書さえあれば誰にでもでき、マイナンバーの定時も必要ありません。とても簡単なのがお分かりいただけたでしょうか?

取引所選びで失敗しないために知っておきたいこと!

取引所を選ぶと一言で言っても、日本には全部で13社の仮想通貨取引所があり、取引所によってサービス内容も違えば、取り扱ってる通貨も違います!

そのため、取引所選びは入念に行いましょう。でないと、「欲しい通貨がなかった……」とか、「この取引所の手数料エグいな!!」と後悔するハメになります。なにも一つの取引所に絞って取引する必要はないのですが、口座を複数開くにしても、取引所の特徴を元に比較はできるようになっておいたほうが良いでしょう。

というわけで、ここからは仮想通貨取引所選びで気をつけるべきこと、知っておくべきことを3つ書いてみます♪

仮想通貨取引所のサービスには「取引所」と「販売所」の2つがあることを知っておきましょう!

仮想通貨取引所のサービスには、大きく分けて「取引所」と「販売所」の2種類があります!

「仮想通貨取引所なのに販売所? どういうこと??」って混乱するかもしれませんが、簡単にいうと、1つの仮想通貨取引所という枠組みの中に「取引所」「販売所」という異なる2つのサービスがあるのです。

「取引所」と「販売所」の違いは?

誰と取引するかが根本的な違いです!

取引所の場合は、自分と同じ、仮想通貨の売買をしたい人が取引相手になります。それに対し販売所の場合は、仮想通貨取引所そのものが取引相手になります。

仮想通貨を人から買うか、お店で買うかの違い、という解釈でもOKです!

仮想通貨取引所の中には、取引所か販売所のどちらかしか提供していないところもありますし、どちらも提供しているところもあります!

よく見かけるのは、ビットコインは取引所と販売所で売買できるけど、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)は販売所でしか売買できない、というケースですね。

基本的には、販売所よりも取引所の方が安く買えて高く売れるので、仮想通貨取引は主に取引所サービスを利用すべきでしょう。

販売所での売買は、購入価格と売却価格の差があまりにも広すぎるので、短期売買で大きな利益をあげることは不可能に近いです。ずっと持ち続けるつもりなら利益を上げられるかもしれませんが、基本的には、あまりおすすめしません!

口座に入金する前に、取引したい通貨が扱われているかどうか確認しておきましょう!

major-vc主要な仮想通貨一覧

仮想通貨はビットコインだけではありません。驚く人もいるかもしれませんが、世の中には数千種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在します。

その中でも「イーサリアム」や「リップル」といった、ビットコインに次いで時価総額が高いアルトコインは、たくさんの取引所で取り扱われています。

とはいえ、アルトコインは、取り扱いは取引所によってまちまちです。記事執筆現在、時価総額2位のアルトコイン「リップル」ですら、大手取引所で取り扱われていなかったりします。

ビットコインだけでなく、アルトコインも取引する予定があるかもしれないという人は、気になるコインが取り扱われているかどうかをしっかり確認してから、口座を開きましょう!

今はビットコインだけを買おうと考えている人でも、実際に取引をしたり色々調べたりしているうちに他の通貨を買いたくなることもあるかもしれません。

できるだけ信頼性が高い仮想通貨取引所を選びましょう!

仮想通貨取引所の世界には、「マウントゴックス事件」と呼ばれる、とても怖い事件があります。

マウントゴックスってなに?

2010年から2014年の間、ビットコイン取引所サービスを提供していた仮想通貨取引所です。当時は世界最大級のビットコイン取引量を誇っていたものの、とある事件がきっかけで破綻してしまいました。

マウントゴックス事件とは、簡単に言えば「取引所で管理されていた顧客のビットコインが何者かに盗まれてしまった」という事件です。ビットコインを盗んだ人物は、マウントゴックスの主張によれば「第三者のハッカー」とのことですが、報道機関によれば「マウントゴックスの社長本人ではないか?」とも言われています。

取引所に入金した日本円や購入した仮想通貨は、基本的に取引所で管理されます。そのため、もしお世話になっている取引所が破綻してしまえば、資産が1円も戻ってこない可能性があるのです。

そのような事態を避けるには、やはり信用できる取引所を選ぶことが必要不可欠。それに加え、1つの取引所に自分の資産をすべて入れるのではなく、複数の取引所に分散させて入れておくことができれば、資産を失うリスクは大幅に下げられます。

となると、問題になってくるのはどこの取引所を選ぶかということ。取引所の信用度が数字でハッキリ分かればいいのですが、実際はそうもいかないので、ユーザー数や取引量の多さ、資本金の多さなどで判断していきましょう♪

ズバリ! おすすめの仮想通貨取引所はこの2つ!

ぶっちゃけた話、13社もある仮想通貨取引所をすべて比較して厳選するのは面倒な作業だと思うので、今回は私が選んだおすすめの仮想通貨取引所を2つだけご紹介します!

どちらもユーザー数、取引量ともに申し分なく、たくさんの仮想通貨トレーダーが利用している大手の仮想通貨取引所です。なにより私自身が仮想通貨取引を始めたての頃からよく利用している取引所なので、信頼性は私が保証します!

これから仮想通貨取引をしていこうと考えているなら、この2つの取引所は登録必須です! ぜひ、今のうちに登録を済ませておきましょう♪

取り扱っている通貨数が日本一の「Coincheck(コインチェック)」

coincheck-eyeCoincheckのトップページ image by Coincheck
公式サイト coincheck(コインチェック)
取り扱い仮想通貨 ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
イーサリアムクラシック
リップル
ネム
ライトコイン
リスク
オーガー
モネロ
ファクトム
Zキャッシュ
ダッシュ
取引所売買手数料 0円(期間限定)
販売所価格差 ビットコイン:約3%
アルトコイン:約5%
設立 2014年8月
運営母体 コインチェック株式会社

Coincheck(コインチェック)」は、2014年8月から運営を開始した仮想通貨取引所で、後ほど紹介する「bitFlyer」と並んで、日本最大手を誇ります!

コインチェックは最近、お笑い芸人の「出川哲朗」さんをCMに起用し、SNSやTVなど、あらゆるメディアで宣伝を行っているので、もしかすると「名前だけは知ってる!」という人は多いかもしれませんね!

コインチェック最大の特徴は「取り扱ってる通貨数の多さ」です! 日本国内としては最も扱ってる通貨の数が多く、コインチェックでしか扱っていない通貨もあります。しかし、取引所で扱っている仮想通貨はビットコインだけで、アルトコインは全て販売所でしか取り扱っていない点に注意してください。

そのため、「色んなアルトコインに分散投資して長期保有したい人」や、「アルトコインにも手を出したいけど、何を買おうか決めあぐねている人」などにおすすめな仮想通貨取引所です。

その他の特徴としては、アプリユーザー数No.1を謳っている通り、スマホアプリ版の使いやすさはピカイチ! 電気代の仮想通貨決済サービスを提供している点などが挙げられます。

Coincheckだけの特徴まとめ

  • 取り扱い通貨数が1番多い!
  • アプリユーザー数、取引高、No.1!
  • 電気代の仮想通貨決済サービスを提供している!

無料でcoincheckの口座を今すぐ開く!

女優の成海璃子さんがイメージキャラクターを務める「bitFlyer」

bitflyer-eyebitFlyerのトップページ image by bitFlyer
公式サイト bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い仮想通貨 ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
モナコイン
取引所売買手数料 0.01~0.15%
販売所価格差 ビットコイン:約4%
アルトコイン:約6%
設立 2014年1月
 運営母体 株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)」は、2014年1月から運営を開始した仮想通貨取引所で、先ほど紹介した「Coincheck」と並んで、日本最大手を誇ります!

コインチェックと比べると、取り扱い通貨数の少なさが際立ちますが、仮想通貨取引所としては普通の部類に入ります。むしろコインチェックが多すぎるだけです(笑)。

ビットフライヤー最大の特徴は「顧客資産の安全を重視している」ことです。トップページにアクセスすれば分かるのですが、ビットフライヤーは2種類の損害保険に加入していることをアピールしており、資本金も41億円と業界最大級です。

この特徴は、トレーダーに直接的なメリットをもたらすわけではないものの、マウントゴックス事件という出来事がある以上、取引所が一番気にすべき所といっても過言ではありません。

そのため、「仮想通貨をたくさん保有する予定がある人」や、「ビットコイン取引をメインにしていく人」はビットフライヤーがおすすめです!

その他の特徴としては、広告経由で買い物をしたり、クレジットカードを契約するとビットコインが無料でもらえるポイントサイトのようなサービスを提供しています! 楽天市場やGUなど、私がよくお世話になる通販サイトの広告が多いので、「広告経由で買い物していたら、いつの間にか結構ビットコインが貯まってた」なんてことが良くあります(笑)。

bitFlyerだけの特徴まとめ

  • ユーザー数、取引量、資本金No.1達成!
  • 顧客資産の安全のために、二種類の損害保険に加入している!
  • 広告経由で買い物をすれば、ビットコインが無料でもらえるサービスも提供!

無料でbitFlyerの口座を今すぐ開く!

まとめ

今回は、仮想通貨取引をするためにはどうすればいいのかについて、解説してみました!

この記事を読んで「よし! 今から仮想通貨はじめるぞ!」という気持ちになって頂けたならうれしいです♪

おすすめの取引所を2つご紹介しましたが、その2つでも迷ってしまったなら、とりあえずコインチェックから口座開設することをおすすめします!

その理由は2つあって、1つ目は、あとから「あのアルトコイン、欲しい!」となったとき、すぐに買える環境がすでに整っていること、2つ目は取引所手数料が期間限定で無料なことです。

特に手数料が無料なのは、ビットコインの短期売買をするつもりの人にとって、これ以上嬉しいことはないですよね!

まあ、口座開設自体は無料ですし、トレード画面の使いやすさは実際に見て触ってみないと分からないので、迷ったならどっちも口座開設しちゃうというのも、選択肢としてはアリですよ!

※この記事に記載されている仮想通貨、および仮想通貨取引所に関する情報は、記事執筆時点(2018年1月)のものです。