26077208 - closeup on a woman's hand as she is posting a letter

副業・ビジネス用のフリーメールを取得する方法。おすすめのサービスは?

インターネットで副業やビジネスをはじめようとすると、何かとメールアドレスの入力を求められます。

普段使っているメールアドレスで登録してしまうと、おびただしい量のメールが届くようになってびっくりすることに……。

ビジネスツールとしてインターネットを使いこなすためにも、メールアドレスは用途に合わせていくつか持っておくと便利です。

今回は、オススメなフリーメールサービスと、その登録方法を紹介します!

フリーメールサービス選びのポイント

4425731 - white homing pigeon with letter. color

フリーメールサービスとは、無料でメールアドレスを取得し、利用できるサービスのことです。フリーメールサービスで取得したメールアドレスのことを、フリーメールといいます。

メジャーなフリーメールサービスだけでも数十種類はあり、無料というだけあってサービスの内容はピンキリです。

フリーメールサービスを選ぶうえでチェックしておきたいポイントは次の3点です。

信頼できる企業が運営していること

メールはプライバシーにかかわる部分はもちろん、IDやパスワード、クレジット情報などが記載されるものです。セキュリティがしっかりしている企業のサービスでないと安心して利用することができません。

また、突然フリーメールサービスが終了してしまう場合もあります。終了してしまうとあらゆるサービスに登録したメールアドレスを新しいものに更新しなければならなくなり、その作業量は大変なもの。大手企業が運営している、昔から長く続いているサービスを選びたいところです。

容量が大きいこと

容量が小さいと、いっぱいになる前に削除する手間が生まれます。そう簡単に使い切りきることはありませんが、大きければ大きいほどうれしいです。

外部のメーラーが使えること

フリーメールサービスは基本的に、Web上で利用します。フリーメールサービスごとに独自のアプリケーションが用意されています。

サービスごとにアプリの使い勝手は様々です。また、複数のメールアドレスを使っている場合はいちいちWebページを移動したり、サインイン、サインアウトをしなければいけなかったりします。

外部のメーラー(Windows Mail、Outlook等)でそのアドレスを使えると、管理がとてもスマートになります。

外部のメーラーが使えるかどうかは、IMAPをサポートしているかを確認する必要があります。

断然オススメなのはGmail

以上のポイントを踏まえて、断然オススメできるフリーメールサービスは、Googleが提供する「Gmail」です。

上記のポイントはもちろん押さえていますし、広告もありません。ウイルスチェック、スマホ絵文字対応など、無料とは思えないほど高機能です。スマホ用のGmailアプリもあるので、メーラーなどを使っていない人でも利用しやすいのも嬉しいですね。

GmailのメールアドレスはGoogleアカウントを作成することで取得できます。

Googleアカウントの作成方法

まず、Googleのアカウント作成ページにアクセスします。

Google アカウント作成ページ

gmail-1-sf

ページに移動すると、アカウント情報を入力するフォームが表示されます。個人情報の部分は本名でもいいですし、ビジネス用の名前でも問題ありません。(人名でないとあとあとアカウントをロックされることもあるので、きちんと入力しておきましょう)

ユーザー名を選択(選択というより入力)の項目で入力した半角英数を、今後メールアドレスとして使っていくことになります。シンプルな文字列だと使われている場合が多いですが、数字などを組み合わせてユーザー名を取得しましょう。

パスワードもできる限り厳重なものにしておきましょう。副業やビジネスに使うということは当然、金銭のやり取りが発生するという事。安易なパスワードにして後悔することの無いように!

gmail-2-sf

電話番号や現在使っているメールアドレスを入力する項目もありますが、必須項目ではありません。(PCから作成する場合は必要になります)

パスワード紛失時など、新しいパスワードを発行するときのために登録しておいたほうがいいので、問題がなければ、普段使っている携帯アドレス等を入力しておきましょう。

gmail-3-sf

利用規約のウィンドウが表示されるので、一番下までスクロールして「同意する」をタップ。

gmail-4-sf

登録が完了すると、そのままGmailページへ移動するボタンが表示されます。

まとめ

以上でGoogleアカウントの作成・Gmailの取得は完了です。

GmailはWebブラウザからでも、専用のアプリケーションからでも操作できます。自分の環境にあった管理方法で使っていきましょう!