hobby-work

女性が好きなことで仕事をするための10のヒント

何かビジネスをしたいけれど、何をすればいいかわからない。自分に何ができるかわからない。そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

なら、思い切って自分の好きなことを仕事にしてみませんか? 皆さんが日ごろから趣味でやっていることや、他の人にはできないちょっとした特技が、もしかするとお金のもらえるお仕事に変わるかもしれません。

今回は、自分の好きなことで仕事をするためのヒントとなる10のサービス、ビジネスモデルをまとめてみました。

1. あなたの「できること」と「少しの時間」がお金になる「タイムチケット」

ticket

TimeTicket(タイムチケット)は、あなたの知識やスキルと時間を、お金に換えられるサービスです。

タイムチケットは、「○○分のあいだ、私はこんなことをします」というチケットを作り、それに自分で値段をつけて販売するサービスです。

公式サイトを見てみると、実際に以下のような内容のチケットがずらりと並んでいます。

  • 起業のアドバイスします!
  • 写真撮影します!
  • エクセル、パワーポイントの使い方教えます!
  • 英語の翻訳やります!
  • ビジネスのアイデア出すのを手伝います!
  • 雑談付き合います!

タイムチケットを上手く利用すれば、自分のできることにどれだけ価値があるのか、どれくらいなら買ってもらえるのか、ということを計ることができます。

そこからヒントを得て、新たなビジネスを始めることもできるでしょう。

2. 自宅の空き部屋がレンタル宿に?「エアビーアンドビー」

airbnb-room

AirBnB(エアービアンドビー、エアービーエヌビー)は、あなたの持っている自分のお家の空き部屋や、不動産の空き部屋を貸して稼ぐサービスです。

利用者は海外の方が多く、都内や観光地付近に家があればすぐに副収入にすることができます。

知らない人に部屋を貸すのが不安、という方もいるでしょうが、業者が仲介をしてくれるので利用者と顔を合わせる必要もなく(もちろん会おうと思えば会えます)、何かトラブルがあった際の補償もしっかりとしてくれるので安心。

中には平均で月30万以上の不労所得を得ている方も。ちょっと準備が面倒なのが玉にキズですが、部屋が余っている方にとっては魅力的なビジネスですね。

3. 自分で撮った写真を販売! カメラ女子必見の「ピクスタ」

camera-woman

PIXTA(ピクスタ)は自分が撮った写真を、ブログやサイトなどに使う素材として売ることができるサービスです。カメラが好きな女子にはオススメですね。

人気があるサービスなので(参加者が多いので)、ちゃんと稼げるようになるためにはある程度の技術と努力が必要になります。

しかし、このサービスからの収入だけで年収数百万といった額を稼いでいる方や、このサービスを経て名前が売れてカメラマンになった方もいらっしゃいます。

あなたがいつも何気なく撮っている写真が、あなたの未来を広げるパワーを持っているかも? カメラ好きなら挑戦してみる価値は十分にありますね。

PIXTA(ピクスタ)

また、ピクスタと似たサービスにFotolia(フォトリア)というものがあります。こちらもかなり人気の高いサービスなので、内容を見て好きな方を選んでみるといいでしょう。

fotolia(フォトリア)

ピクスタもフォトリアも、販売者登録は記事の最下部から行えます。

4. 技術よりアイデア勝負! 「ユーチューバー」

youtube-cat

YouTuber(ユーチューバー)とは、人気の動画配信サービス「YouTube」の広告料で稼いでいる人たちのこと。

YouTubeを見ているときに出てくる(ちょっと邪魔な)広告。実はあれ、クリックされると動画投稿者に少しお金が入るんです。

つまりユーチューバーのすべきことは、やってみた系のおもしろ動画や、ニュースのまとめ動画、新商品のレビュー動画など多くの人に見てもらえそうな動画をとにかくたくさん作って、広告のクリック回数を増やしていくこと。

一般的にユーチューバーと言われるのは顔を出している人たちですが、顔を出さなくても稼ぐことはできます

売れるためには必ずしも高い動画の編集技術が必要なわけではないので、初めはとにかくたくさん動画を上げて視聴回数を稼ぎ、利益がでてきたらその資金で編集スキルを磨いてみるのもいいでしょう。

5. あなたの特技が活かせる在宅ワークを探そう! 「クラウドソーシング」

crowd-works

クラウドソーシングサービスを利用すれば、さまざまな在宅ワークにチャレンジすることができます。

クラウドソーシングサービスって何?

企業がネットを使って不特定多数の人々に業務を外注することをクラウドソーシングといい、その仲介を行っている業者のことをクラウドソーシングサービスといいます。

クラウドソーシングサービスは、データ入力・ライティング・翻訳・ロゴデザイン・アプリ開発などさまざまな業務の案件を提示しています。

サービス利用者は、その中から自分ができそうな案件を探し、受注します。業務が完了すると、あらかじめ決められた報酬を受け取ることができます。

大手のクラウドソーシングサービスである「クラウドワークス」が用意している案件は、なんと200種類以上

好きな時に好きな場所ですることができるので、ちょっとできた暇な時間の穴埋めには最適。クラウドワークスは、ちょっとした副業を探しているピッタリのサービスですね。

6. ネットビジネスの定番。不労所得への第一歩「アフィリエイト」

affiliwoman

アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに広告を張って、商品を売りたい企業のお手伝いをして報酬を得る仕組みのことです。数あるネットビジネスの中でも人気の高い、定番ビジネスですね。

アフィリエイトの人気の秘訣は、一度仕組みさえ作ってしまえば、少ない作業量で継続的にたくさんのお金を稼ぐことができること。

もちろん、こういった「楽して稼げる仕組み」を作るのは簡単なことではありませんが、一度築くことができればアフィリエイトブログが稼いでくれる時間を使って他の色んなビジネスを行うこともできるので、本腰を入れて挑戦してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

7. 自分のお店を簡単に作れる?「ベイス」

boutique

BASE(ベイス)は、自分のネットショップを簡単に開設することができるサービスです。

無料で利用でき、テンプレートから好きなものを選ぶだけでショップを組み立てていくことができるので、ネットビジネス初心者でも簡単にショップオーナーになることができます。

ベイスでは、ハンドメイドグッズや作品などの実体のある商品以外にも、上で紹介したタイムチケットのように、「写真撮影」や「起業家相談」「恋愛相談」などといった実体のない商品も取り扱うこともできます。

ただ、ベイス自体は集客力があまり高くないので、ブログ、SNS、メルマガなどを使って集客をサポートしてあげる必要があります。

面倒、と思う方もいると思いますが、ここに上手くアフィリエイトなどの別のビジネスを組み合わせれば、自分のビジネスの幅を拡張させていくことができます。

8. 即金性が高く、ビジネス初心者に人気の「ネット転売」

9314209 - pile parcel wrapped with brown kraft paper and tied with twine

ネット転売とは、ライブチケットや古本などをAmazon・ヤフオクなどといったサービスを使って売り買いし、利益を上げていく方法です。始めてからお金が生まれるまでが早いので、ビジネス初心者にも人気があります。

転売って「リスクが高そう」「面倒くさそう」と思う方もいるかもしれませんが、最近はメルカリというサービスを利用した、リスクの低い無在庫転売も流行っています。

また、AmazonのFBAというサービスを利用すれば、手数料はかかりますが、梱包・発送などを自動化することもできるので、面倒くささをやわらげられます。

転売は、服、ブランド品、ゲーム、ホビーなどあらゆるジャンルで転売することができますが、その市場を詳しく知っていれば知るほど有利なので、初めは自分の詳しいジャンルで挑戦してみると良いでしょう。

9. 絵を描くのが好き、イラスト関係の仕事がしたいなら「LINEクリエイターズスタンプ」

drawing

「絵を描く仕事がしたい」「イラストレーターとして自分を売りたい」と思っている方は、LINEスタンプ制作に挑戦してみるといいかもしれません。収益を得ながら自分の名前を売ることができるので、一石二鳥です。

ただ、現在では参入者も増え、制作者がもらえる金額が下がってしまったので、LINEスタンプだけで多くの額を稼ぐことは難しくなりました。あくまでサイドビジネスとして行い、他のビジネスと一緒にやっていくのが良いでしょう。

最初から「自分のためだけのスタンプ」と割り切って、自分のニーズをぴったりと反映させたものを作ってみるのもいいでしょう。それが意外に売れちゃったり、などということもあるかもしれません。

10. 人と接する仕事がしたいなら「コーチング」

21384594 - office coffee break with two female colleagues sittng chatting over cups of coffee

コーチングとは、人それぞれが持つ可能性を最大限に引き出すための考え方・行動の仕方を、対話によって導き出すテクニックのことです。「人と話すことが好き」「人の役に立つ仕事がしたい」と思っている方にはピッタリのビジネスですね。

コーチングには実に様々な種類があり、基本的にはコーチングスクールを受講して資格を獲得してから、それをお仕事にしていきます。集客は、ブログやSNSなどで行うのが一般的です。

基本的に、コーチングの資格を取得するにはかなりお金がかかりますが、中には一般の人でも手を伸ばしやすいものもあります。

たとえば、お子さんのいるママを対象としたマザーズコーチングなどは、比較的安い価格で資格を取得でき、コーチのお仕事を始められるので、ビジネス初心者に高い人気があります。

まとめ

ビジネスという言葉を聞いた瞬間に「自分にはムリだ」と思ってしまう方は意外と多いです。

しかし、実際はそんなことはありません。誰でも1つや2つくらいは、ビジネスになる趣味や特技を持っているものです。あとは気持ちのブロックを取り除いて、やってみるだけ。たったの一度でも成功体験が得られれば、可能性は無限に広がっていくことでしょう。

何をすればいいかわからないときは、まず自分の好きなことから。あなたがあまり負担を感じずにできることから始めてみましょう。