42850436 - girl at the table typing on a typewriter, vintage photo effect

在宅ライターを募集しているおすすめクラウドソーシング5選!

こんにちは、アフィリエイターの加藤 悠人です。

最近、「何かしら副業をして稼ぎたい」「家にいながら少しでも家計の足しになることをしたい」と考える主婦の方が多いらしく、在宅ライターのお仕事が流行っています。

在宅ライターになる方法はいくつかありますが、最近では在宅ライターの募集を行っているクラウドソーシングサービスに登録し、案件をこなしながらライティングスキルを磨いていくのが一般的です。

実は私もアフィリエイトで稼ぎが出るようになるまでは、ひたすらクラウドソーシングのライター案件をこなして生計を立てていました。

この記事では、クラウドソーシングサービスとは何かという説明と、在宅ライターを募集しているおすすめのクラウドソーシングサービスの紹介、在宅ライターで稼ぐためのコツなどをまとめていきたいと思います。

クラウドソーシングサービスとは?

57545867 - crowdsourcing collaboration information content concept

企業がネットを使って不特定多数の人々に業務を外注することをクラウドソーシングといい、起業と外注さんの仲介を行う業者のことをクラウドソーシングサービスといいます。

クラウドソーシングサービスが取り扱っている案件は、何もライティングだけではありません。ほかにも、データ入力、翻訳、ロゴデザイン、アプリ開発など様々なものがあります。

自分がしたいときに、したい仕事をすることができるのがクラウドソーシングサービスの魅力ですね。

クラウドソーシングサービスの利用者は、提示された案件から自分ができそうなものを探し、受注します。業務が完了すると、あらかじめ決められた報酬を受け取ることができます。

初心者のライターがいきなり企業のライター求人に採用されることは難しいですが、クラウドソーシングサービスの場合、初心者でも取り組めるような難易度の低いライター案件が多く揃っているので気軽にチャレンジすることもできます。

稼ぎながらステップアップをしていくことができるので、将来的にライターの仕事をしていきたい方や、アフィリエイトなどのライティングスキルが必要になるビジネスをしたいと考えている方にとっては一石二鳥ですね!

クラウドソーシングサービスの利用にお金はかかる?

基本的に、クラウドソーシングサービスの利用でお金が発生することはありません。報酬の獲得の際に手数料が発生しますが、登録費、会員費などはかかりません。

在宅ライターを募集しているおすすめクラウドソーシングサービス5選!

それでは、本題に入っていきましょう。クラウドソーシングサービスには様々なものがありますが、在宅ライターを募集している一般的クラウドソーシングサービスは以下の通りです。

※各項目に記載している「おすすめ度」はあくまで個人的な感覚に基づくものです。

ランサーズ

lancers

おすすめ度:★★★★★

日本最大級のクラウドソーシングサービス。ランサーズに依頼された仕事案件の総額は880億円超と圧倒的。NHK、日本経済新聞、Yahoo! JAPANなど実にさまざまなメディアで紹介もされている非常に知名度の高いサービスです。

クラウドソーシングサービスには様々なものがありますが、どれを選べばいいかわからないという方は、ひとまずランサーズから始めてみましょう。

無料登録メモ

アカウント登録は公式サイトから簡単に行えます。

ランサーズ公式HP

クラウドワークス

crowdworks

おすすめ度:★★★★

こちらも定番のクラウドソーシングサービス。

会員数は70万人超え。お仕事のカテゴリは246以上と豊富で、ライター案件も非常に豊富に用意されています。

書けそうなライター案件がないときは、仕事量が豊富なことを活かしてデータ入力でポチポチ稼いでみてもいいかも。ランサーズと同様、仕事のネタには困らないサービスです。

無料登録メモ

アカウント登録は公式サイトから簡単に行えます。

クラウドワークス公式HP

サグーワークス

sagooo

おすすめ度:★★★

会員数14万人超え。簡単なテキスト作成からやりごたえのある案件まで、幅広くライター案件が用意されています。お仕事の案件は、ライターとアンケートのみ。

無料登録メモ

アカウント登録は公式サイトから簡単に行えます。

サグーワークス公式HP

サグーライティングプラチナ

sagooo-platinum

おすすめ度:★★★★

サグーワークスが提供する、上級者ライター向けのサービス。普通のサグーラークスと違い、クオリティが求められるライター案件が揃っています。

サグーライティングプラチナに登録するためにはライターテストに受かる必要があるので、他のサービスに比べ敷居は高めですが、その分貰える報酬もめちゃくちゃ高いです。私の知り合いにも、サグーライティングプラチナの案件だけで月収40万以上稼いでいるライターさんがいます。

ライターを「お小遣い稼ぎ」ではなく「仕事」にしていきたいなら、ぜひチャレンジしていきたいサービスですね。文章力に自信がある方は、最初からトライしてみるのもいいかもしれませんね。

無料登録メモ

アカウント登録は公式サイトから簡単に行えます。

サグーライティングプラチナ公式HP

ブログルポ

blogrepo

おすすめ度:★★★

初心者向けのライター案件を取り扱うサービスあるキーワードに対するまとめやコラム、他にも説明文、体験談、感想文などのライティングが受注できます。

会員数は17万人。カンタンな案件が多かったり、好きな銀行口座で報酬を受け取れたりとメリットは多いです。

無料登録メモ

アカウント登録は公式サイトから簡単に行えます。

ブログルポ公式HP


※記載している会員数などの数値は、記事執筆時(2016年11月)のものであり、現在のものとは異なる場合があります。

クラウドソーシングサービスで稼ぐコツ!

私はかれこれ1年近くクラウドソーシングサービスで副業をしていました。

今ではアフィリエイトで生活費が稼げるようになったので、ほとんど利用する機会がなくなってしまいましたが、当時は仕事の昼休みに記事を書いたり、会社の帰りの電車の中でポチポチとデータ入力したりと、かなり利用させていただいておりました。

そんな私が思う、ネット副業の初心者さんがクラウドソーシングサービスで稼ぐためのコツは3ステップです。これをすれば必ず稼げるというわけではありませんが、きちんとこなせば稼ぎを上げられる可能性はグッと高まるでしょう。

42031418 - trees growing on fertile soil in germination sequence

ステップ1. お仕事の選択肢を増やす!

初心者在宅ライターがクラウドソーシングサービスで稼ぐコツとしては、まず複数のクラウドソーシングサービスに登録し、お仕事の選択肢をたくさん持っておくことです。

たとえば、ライティング1つに絞った場合でも、サービスによって取り扱っている案件は異なります。A社のサービスの中にはできそうなものはなかったけれど、B社の中にはたくさんある、ということもあります。この時A社にしか登録していなければ、「なんだ、ライターの仕事なんて、やっぱり初心者には無理なんじゃないか」と思ってしまうことでしょう。これではとても勿体ないです。

機会の損失は損をするのと同じ。このような勿体ないことをしないためにも、複数のクラウドソーシングサービスに登録して取りこぼしのないようにしておきましょう。

ステップ2. いろいろなお仕事に挑戦!

複数のクラウドソーシングサービスに登録したら、次にすべきことはとにかくたくさんの仕事をこなしてみることです。

ライタ―になりたい人にとってみれば、魅力的なのはやはりライティングでしょうが、食わず嫌いをせずいろいろな仕事を試してみれば、もっと負担なく楽しく稼げるお仕事が見つかるかもしれません。

あなたの可能性を広げるためにも、いろいろなお仕事に挑戦してみましょう。

ステップ3. 仕事内容とサービスを選ぶ

数をこなした後にすべきことは、選別です。様々な仕事の中から自分に合ったものを選びましょう。また、クラウドソーシングサービス同士を比較して、自分に最も合ったサービス選ぶことも大切です。

報酬を受け取る都合上、最終的に利用するサービスは1つに絞った方が都合がよくなります。

ライターとしてやっていきたいのであれば、ぜひ、利用するクラウドソーシングサービスを絞るころには「サグーライティングプラチナ」を選べるようになっていてほしいですね!

記事の審査とボツになりやすい記事

42565752 - portrait of tired young business woman with laptop computer

ライティングのお仕事は、ただお題に従って記事を書けば絶対に報酬がもらえるわけではありません。

企業側もお金を払って記事を募集しているわけですから、その記事にお金を払う価値があるか否かという審査を行います。お金を払う価値がない、と判断されたものは当然、ボツになります。

ボツになりやすいのは、主に以下のような記事です。

  • あまりに稚拙な記事
  • ショボい記事
  • 文法がメチャクチャな記事
  • 文章が破たんしている記事
  • Wikipediaなど他のwebサイトからのコピペ記事
  • 知らないことを無理に書こうとしている記事
  • 嘘が混ざっている記事

つまり、ちゃんと情報を用意してまともな文章を書いてください、ということが言われているわけですね。

初心者ライターが狙うべき記事ジャンル一覧

ハッキリ言ってしまうと、まったく初心者のライターが取材やネタ探しを行いながら記事を書くのは難しいです

もちろん、時間をかければ可能でしょうが、副業でやっている方はあまり時間をかけられないでしょうし、あまり時間をかけすぎても、作業量に対し稼ぎの額が少ないということになってしまいます。「普通にバイトをやった方がマシ」という状態になってしまっては、あまり意味がありません。

そこでうまく利用したいのが、取材やネタ探しがまったくなくても書ける案件。いわゆる狙い目案件ですね。

以下のような案件は取材やネタ探しがなくても記事を書きやすく、単価も悪くないので積極的に狙っていきたいところです。

1. 恋愛コラム

romance

主に恋愛の体験談を書く案件。自分の過去の体験を文字に起こすだけでお金になるので、準備が必要なく、わりとサクサク稼ぐことができます。

ちょっと話に脚色を加えたり、友達の話やテレビで見聞きした話を活用させてもらったりするのもあり。アイデア次第でいくらでも広げられるのがイイですね。

2. ライフイベントコラム

lgf01a201411201500

女性の人生には大きなライフイベントがたくさん。結婚、育児、夫婦関係、介護などに関するコラムは、需要が高く、単価も高いのでオススメです。

リアルタイムでこれらのライフイベントを体験している方なら、日々の出来事を日記感覚で文字に起こすだけでもお金になる場合があります。

3. 映画や小説のあらすじやレビュー

32768433 - passion for reading. love books

これは私が実際に狙っていたジャンル。自分が観たり読んだりした映画や小説のあらすじを簡潔にまとめるだけで、お金になる場合があります。

最新映画を観に行って、ライティングでそのチケット代を稼ぐのもありかも。

いろいろな作品に触れるのが好きという方なら、感想文を書くような形で稼ぐことができますね。

4. ペットネタ

32768433 - passion for reading. love books

犬や猫に詳しい方や、実際に飼っている方なら、ペットネタの記事に挑戦してみるのもありですね。これも私が頻繁に書いていたジャンルです。

ちなみに私は犬も猫も勝ったことがありませんが、ネットで軽く調べたことをまとめただけで稼ぐことができました。実際にペットを飼っている方なら楽勝でしょう。

「こんな記事、誰が欲しがるの?」

恋愛コラムとか、ライフイベントコラムが稼げるのはわかったけど、一体こんな記事、誰が欲しがるの? と思っている方もいるかもしれません。簡単に解説します。

基本的に、クラウドソーシングサービスに仕事を受注するのは、企業メディアの運営者アフィリエイターです。

ネットを利用した集客が重きを置くようになった今の時代、記事はあればあるだけ役立ちます。若い女性向けメディアであれば恋愛コラムが、主婦向けブログであればライフイベントコラムが必要になることもあるでしょう。

そういった「需要」がクラウドソーシングサービスを通して「仕事」となり、私たちのもとに回ってくるのです。

在宅ライターの派生先

48860750 - stress.

最近はクラウドソーシングサービスを利用したライティングが一般的と上で書きましたが、あくまでそれは副業として考えた場合の話。

クラウドソーシングサービスでライターをする場合に稼げる額は、あくまでお小遣い程度。プロのライターが一回の案件で稼ぐ額と比べれば、微々たるものです。

ライティングを仕事を本業としていきたいのであれば、ゆくゆくはクラウドソーシングサービスを離れることになるでしょう。

プロのライターとして働くのであれば、Webメディアを運営している企業になどに自分を売り込む(就職する)といった道を取ることもできますが、あくまでしたいのは文章を書く仕事であり、ライターになりたいわけではないというのであれば、プロガーアフィリエイターを目指す道もあります。

専業ブロガー、専業アフィリエイターとして稼いでいくのは簡単なことではありませんが、その分、稼げる額も大きくなります。私も一応アフィリエイターとしてやっていますが、ほぼ家に居ながら月収200万近い額を稼がせていただいております。しかも作業量は、専業ライターの方と比べればかなり少ないでしょう。

ただ、私は別にアフィリエイターが良くてライターが悪いというようなことを言っているわけではありません。

私がここで言いたいのは、できるだけ視野を広く持つべきだということ。

ネットが広く普及したこの時代。ライティングができればいろいろなお仕事をすることができます。ライターにもなれますし、ブロガーにもなれますし、アフィリエイターにもなれます。誰かのゴーストライターになって集客を手伝ったり、これらを複合的に行っていくこともできるでしょう。

在宅ライターのお仕事をこなすことでライティング技術を身に着けた後は、ぜひいろいろな仕事に目を向けて、自分の理想に一番近いお仕事を探してみましょう。

著者が最終的に利用していた在宅ライター募集サービスはこの2つ!

どんなお仕事をする場合でも、最初はコツコツと技術を身に着けていくことが大切になります。ライティングをお仕事にしていくなら、最初はライターとしてお仕事をしてみるのが一番です。

上で紹介した5つのクラウドソーシングサービスの中で、おすすめのものをもう一度紹介してみようと思います。といっても、また同じことを書いてもしょうがないので、今回は私が最後まで利用していた2つのサービスにだけ触れてみます。

ランサーズ

やっぱり仕事の豊富さが圧倒的ですね。クラウドソーシングで在宅ライターをするのであれば、これに登録しておかない理由はないでしょう。

クラウドワークス

正直、ランサーズのサブでしたが、とても使いやすいサービスでした。

どちらも初心者向けの案件をたくさん用意しているので、初めての方は、この2つからチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

ライターじゃなくてアフィリエイトに興味が湧いたという方は、以下の記事が参考になるかもしれません。